ワイン・シャンパン

の検索結果 約20,400件中81100件を表示しています
並び替え:おすすめ|値段が安い順|値段が高い順

7,700円

【ポイント10倍対象品】ポマール[2016] ポール ガローデ(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Pommard[2016]Paul GARAUDET 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ポマールカシス、ダークチェリー、ブラックベリーなど黒い果実に、ポマール特有のジビエっぽいニュアンス。果実味の中にタンニンは溶け込んでいるが、しっかりとしたストラクチャーをもちパワフル。鳩のサルミのようなジビエ料理と相性よし。派手さこそないがコストパフォーマンス抜群 レストランでおすすめのモンテリー50の坂を越えたポール・ガローデは四半世紀以上もモンテリーの生産者組合会長を務める、この村の重鎮。 ヴォルネイとムルソーに挟まれ、いささかマイナーなこのアペラシオンのPRに日夜奮闘する。 お膝元のモンテリーに4つの1級畑を所有するだけでなく、ヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ピュリニー・モンラッシェにも畑を所有。 総面積は10.5haで5.5haが赤、5haが白だ。 テロワールの特徴を引き出すため、農薬の使用を可能な限り抑えたリュット・レゾネでブドウを栽培している。 「ブドウの状態に応じたレシピのないワイン造り」がポール・ガロデのポリシー。 低温マセレーションやキュヴェゾンの期間、ピジャージュの頻度などは決まっていない。 赤ワインの場合、ブドウは完全除梗。樽熟成では毎年およそ3分の1の樽を入れ替えるが、新樽率もワイン次第だ。 樽熟成期間はヴィンテージとアペラシオンに応じ、12?18ヶ月といったところ。清澄なし、無ろ過。軽く冷却をかけて瓶詰め。こうすることにより、果実味を損なうことなく、きれいな色艶を保つことが出来るという。 白ワインは優しく圧搾し、デブルバージュの後に樽詰め。アルコール発酵、マロラクティック発酵も含めて12?18ヶ月間、ワインと澱を接触させ...

10,966円

ポマール プルミエ クリュ アルヴレ[2011] コンフュロン・コトティド (750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Pommard 1er Cru Arvelets[2011]CONFURON-COTETIDOT 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:ブルゴーニュ有能な醸造家兄弟が醸し出す、パワフルなヴァン・ド・ギャルドジャッキー・コンフュロンが父からブドウ畑を譲り受けた時、その面積は2.5haしかなかったという。現在は11haに広がった畑を、ジャッキーのふたりの息子、ジャン・ピエールとイヴが管理。ジャン・ピエールはボーヌのメゾン・シャンソン、イヴはポマールのドメーヌ・ド・クールセルをコンサルタントする、ふたりとも有能な醸造家だ。ところが性格は異なり、兄のジャン・ピエールは真面目一方だが、実質的に実家のワイン造りを取り仕切る弟のイヴはシニカルな冗談が耐えない。醸造するアペラシオンは、今やコート・ド・ニュイに止まらずコート・ド・ボーヌにまで及び、ポマールやムルソーも手がける。特級畑はエシェゾーとクロ・ド・ヴージョに小さな区画をもち、それぞれ樹齢60年と80年の古木である。父ジャッキーの時代からこのドメーヌは遅摘みをモットーとし、可能な限り熟したブドウを収穫。毎年、最後に摘み取りを行う造り手として知られる。収穫したブドウは、除梗せず全房のまま発酵桶へ。低温マセレーションを行い、ブドウの皮からアロマを抽出。続いて自生酵母による自然発酵。キュヴェゾン全体の期間は長い。樽熟成についても独特のポリシーをもち、新樽率は低い一方熟成期間は長く、30ヶ月に達することも珍しくない。こうして造られるワインは、深みのある色調と豊かなアロマをもち、そして味わいも濃縮感溢れるタイプ。まさにヴァン・ド・ギャルドと呼ぶに相応しい、大きな体格のワインである。

9,680円

ポマール プルミエ クリュ レ ジャロリエール[2014] ラ プス ドール (750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Pommard 1er Cru Les Jarollieres[2014]La POUSSE d'OR 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ポマール1997年からが新時代の始まり 最先端を纏うヴォルネイの歴史的古参。かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。 1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。 やがて、ポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。 ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。 彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。 手に入れるや否や、200万?300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。 ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。 1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。 そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー...

14,300円~19,250円

【ポイント10倍対象品】ポマール プルミエ クリュ ジャロリエール[2013] ジャン マルク ボワイヨ (750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Pommard 1er Cru Jarollieres[2013]Jean-Marc BOILLOT 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ポマール力強くたくましい味わいでポマールの特徴をよく表現。凝縮された甘い果実香と樽の香りが主体。豊かな果実味と飲みごたえのあるしっかりとした酒質。2001年に還暦を迎えたジャン・マルク・ボワイヨ。1984年まではヴォルネイの実家において、祖父や父の下でワイン造りに励み、それ以降1989年まではピュリニー・モンラッシェのオリヴィエ・ルフレーヴで醸造長の職に就いていた。 彼が自身のドメーヌをポマールに立ち上げたのは1985年。つまり1980年代の後半はドメーヌとオリヴィエ・ルフレーヴでの醸造を掛け持ちしていた時期である。彼にとって幸運なことは、父方がヴォルネイの大ドメーヌで、母方はピュリニーの著名ドメーヌ出身だったことだろう。母はエティエンヌ・ソゼの一人娘。ボワイヨ家には3人の子供がおり、3人それぞれに相続権があったため、1991年にジャン・マルク・ボワイヨはエティエンヌ・ソゼの畑の3分の1を手に入れることができた。ピュリニー・モンラッシェ1級のコンベット、シャン・カネ、ルフェール、トリュフィエール、それに村名のピュリニーとシャサーニュである。現在、ドメーヌの所有畑は11ha。ヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェなど、コート・ド・ボーヌの赤白両銘醸地に区画を有する。またジャン・マルクは1989年にネゴシアン・ビジネスも始め、おもにコート・シャロネーズの白ワインを扱っている。このネゴスものもブドウ、または果汁の状態で原料を買い付け、ドメーヌもの同様に醸造...

10,120円

ピュリニー モンラッシェ レ ルヴロン[2015] パトリック ジャヴィリエ (750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Puligny-Montrachet Les Levrons[2015]Patrick JAVILLIER 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:ブルゴーニュ地方ルヴロンはピュリニー・モンラッシェの斜面下部に位置する村名畑。村名とはいえピュリニーはやはりムルソーと異なる。白い花、ミネラルの印象が強く、口に含んでもしっかりした酸とミネラルがストラクチャーを形作る。タイトなボディをもつ、じつにエレガントなワイン。ドメーヌ入りした娘が赤ワインを担当 次のステージへ向かうムルソーの造り手ムルソーのパトリック・ジャヴィリエも娘のマリオンがドメーヌ入りし、次のステージへと向かい始めた。 ジャヴィリエ家はムルソーで何代も続く栽培農家の家系だが、ブドウ畑の面積は小さく、パトリックの父、レイモンは農作業の傍らワインの仲買人をせざるを得なかった。 パトリックは1973年にディジョンの大学で醸造学のディプロマを取得し、翌1974年に初めて自分の責任のもと、収穫、醸造を行っている。 ドメーヌは1980年代から1990年代にかけて、ブドウ畑を急速に拡大。 ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、ポマール、そして特級コルトン・シャルルマーニュも手に入れた。 さらに妻の実家の畑を賃貸耕作し、ペルナン・ヴェルジュレスやアロース・コルトンも手がけるに至っている。 現在、賃貸も含めた所有畑の総面積は9ha弱だ。 ここでは「キュヴェ・オリゴセーヌ」「キュヴェ・デ・フォルジェ」と名付けられた2種類のブルゴーニュ・ブランを造っているが、前者はピュリニー寄り、後者はヴォルネイ寄りの区画から生み出されるワイン。テロワールの違いにより、前者はよりミネラルが強く、後者はリッチなスタイルとなる。...

5,500円

【ポイント10倍対象品】シャサーニュ モンラッシェ ルージュ[2014] シルヴァン・モレ (750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Chassagne-Montrachet Rouge[2014]Sylvain MOREY 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/シャサーニュ・モンラッシェ南仏とブルゴーニュ、二足の草鞋を履く ジャン・マルク・モレの息子シルヴァン・モレはシャサーニュ・モンラッシェの銘醸家、ジャン・マルク・モレの息子。妹のカトリーヌは同郷のピエール・イヴ・コランと結婚し、ドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレを創設すると同時に、自身のドメーヌも運営している。 一方、1995年に南仏へと渡ったシルヴァンは、リュベロンにブドウ畑を保有。しばらくはコーペラティヴにブドウを売っていたが、2002年に自身のドメーヌ、ラ・バスティード・デュ・クローを起こした。なぜ南仏かといえば、前妻がエクサン・プロヴァンス近郊にブドウ畑を持っており、初めてこの地方を訪れた際、惚れ込んだのだという。 2014年にジャン・マルク・モレの所有畑が生前贈与の形でカトリーヌとシルヴァンに分け与えられ、このヴィンテージからシャサーニュ・モンラッシェでもワインを醸造。リュベロンとシャサーニュ・モンラッシェ間は車で4時間に過ぎず、2週間ごとにシャサーニュへと戻ってきては畑仕事や蔵での作業に勤しんでいる。 現在、シルヴァンがシャサーニュ・モンラッシェに所有するブドウ畑は2.5haだが、2018年までには4haまで広がる予定。ジャン・マルク・モレの所有畑が約8.5haだから、カトリーヌとほぼ半分づつという計算になる。現在のアペラシオンは村名シャサーニュ・モンラッシェ(白、赤)、サントーバン1級シャルモワ(白)、シャサーニュ・モンラッシェ1級シャン・ガン(白、赤)、シャサーニュ・モンラッシェ1級カイユレ(白...

11,000円

【ポイント10倍対象品】ポマール プルミエ クリュ レ ペズロル[2011] シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ (750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Pommard 1er Cru Les Pezerolles[2011]Chateau de PULIGNY-MONTRACHET 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:ブルゴーニュド・モンティーユの手により再起した ピュリニーの瀟洒なシャトーシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは17世紀に建てられた城館であり、ナポレオン帝政期には当時ボーヌ市長であったジャン・バティスト・デスドゥアールが所有し、城館を修復。1950年代からブドウ栽培家であり詩人でもあったロラン・テヴナンによって、シャトーのワインは名声を誇った。 その後、シャブリのドメーヌ・ラロッシュの手に渡り、さらに金融機関の所有となって、2002年にシャトーの支配人として抜擢されたのが、ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユの長男、エティエンヌ・ド・モンティーユである。 エティエンヌはブドウ畑をビオロジック、そしてビオディナミに転換し、ワインの質を劇的に向上。傾きかけていたシャトーの名声復活をみごと成し遂げた。 そして2012年にとうとう、ド・モンティーユ家がオーナーの金融機関からこの由緒正しきシャトーを購入することに成功したのである。 シャトーは22ha、21のアペラシオンを所有するが、このうち特級モンラッシェとバタール・モンラッシェはドメーヌ・ドゥジェニーのフランソワ・ピノーに転売。 それ以外の上位レンジにある、特級シュヴァリエ・モンラッシェ、ムルソー1級ペリエール、ポマール・レ・クラ、ポマール1級ペズロールはドメーヌ・ド・モンティーユとして生産する一方、下位アペラシオンはド・モンティーユのネゴスものとしてリリース。 中間帯のアイテムをシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェとして残す予定という。 なお、ド...

6,160円

【ポイント10倍対象品】サン ロマン ブラン[2015]メゾン ド モンティーユ(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Saint-Romain Blanc[2015]Maison de MONTILLE 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/サン・ロマン頑固な古典派から大きく脱皮 ニュイへ、ピュリニーへと拡大した大ドメーヌヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユといえば、古典的ワインの銘醸家として名の知れたドメーヌ。 映画「モンドヴィーノ」でも主役級で取り上げられたので、ご記憶の方も多いに違いない。 先代のユベールはディジョンでの弁護士が本業。というのも1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかった。 その後、息子のエティエンヌとともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がった。 このエティエンヌもパリのクーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウス・クーパース)の会計士として働いていたが、2001年にブルゴーニュに戻り、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの経営に就くと同時に、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主となった。 もっともエティエンヌ自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換。父から子への継承は着々と進んでいたのである。 エティエンヌがフルタイムで経営にあたるようになってからというもの、ドメーヌの版図拡大は凄まじい。 1993年にはすでに、ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレをジャン・シャルトロンから買い取っていたが、2004年にボーヌ1級エーグロ(白)、特級コルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・シャルルマーニュを入手。 2005年にドメーヌ・デュジャックと共同でトマ・モワイヤールを買収し、コート・ド...

10,263円

シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ マシュレル[2013] ジャン・イヴ・ドゥヴヴェイ (750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Macherelles[2013]Jean Yves DEVEVEY 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:ブルゴーニュマシュレルはヴェルジェの下に位置する1級畑。鉄分の多い、赤い粘土がちな土壌であり、リッチでおおらかなスタイルの白ワインとなる。グレープフルーツやパイナップルなどややトロピカルなニュアンスが感じられ、味わいも果実味豊か。酸とミネラルがバックボーンを支える。1992年にデビューした堅実な新進気鋭の造り手ジャン・イヴ・ドゥヴヴェイという舌を噛みそうな名前の造り手は、三つ星レストラン「ラムロワーズ」があるシャニーの東、ドゥミニー村を本拠としている。自身のワイン造りは1992年にベーシックなブルゴーニュ・ルージュとアリゴテから始まり、その後、畑を増やし、2002年からは買いブドウもして事業を拡大した。クルティエのベッキー・ヴァッサーマンやジェラール・ポテル時代のプス・ドール、ムルソーのコント・ラフォンで働いた経験ももつ。現在、ドメーヌの規模は7.6ha。ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌの赤白、リュリーの赤白、ボーヌ1級ペルテュイゾ、ヴォルネーがドメーヌもの。ムルソー・レ・ヴィルイユ、シャサーニュ・モンラッシェエ1級マシュレルは買いブドウ、シャサーニュ・モンラッシェは果汁を買っている。自社畑はビオロジック栽培に転換が済み、2014年にはビュロー・ヴェリタスの認証が取れる見込みである。最近では「ヴィニュロン・ド・ブルゴーニュ」という本に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴら大御所ばかりと混ざって紹介されるまでになった。彼のワインは派手さはないが...

13,200円

【ポイント10倍対象品】ムルソー レ ナルヴォー[2013] モレ・ブラン (750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault Les Narvaux[2013]MOREY-BLANC 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:ブルゴーニュドメーヌとネゴスのふたつを高水準で両立させる希有な存在ピエール・モレイはムルソーの造り手だが、一族がムルソーにやってきたのはフランス革命まっただ中の1793年のこと。モレイと名のつく他のドメ ーヌ同様、もともとはシャサーニュ・モンラッシェの出身だという。 ピエールの父、オーギュストは1935年にドメーヌ・デ・コント・ラフォンのメタイエ(収穫の一部を受け取る小作人)のひとりとなり、1971年から ピエールがそれを引き継ぐようになった。 ラフォンはムルソーの1級畑や特級モンラッシェなど素晴らしい畑をもっていたが、オーナーはつねに他の仕事をもち、畑作業は小作人に任せていた のだ。ところがドミニク・ラフォンがラフォン家で初めての栽培醸造家になると、折半耕作の契約期間を延長せず、ラフォン家のすべての畑を自ら 耕作することを宣言。 1986年から1991年にかけてピエール・モレイは多くの畑を失ってしまう。 しかしながら、ピエール・モレイの手腕に感銘を受けていた、ピュリニー・モンラッシェの大ドメーヌであるルフレーヴは、引退が決まっているそ れまでの醸造長のジャン・ヴィロに代わって、ピエールを招聘。 こうして彼は、1988年以降、ルフレーヴの醸造長として働く一方、自身の小さなドメーヌを運営し、さらに1992年にはネゴス・ブランドとして「モ レイ・ブラン」を設立。 二足のわらじならぬ三足のわらじを履くことになる。 ルフレーヴの醸造長に就いてから20年後の2008年、ドメーヌ・ピエール・モレイとモレイ・ブランの仕事に集中するためルフレーヴから離れ、娘の...

8,590円

ムルソー クロ デュ クロマン[2016]コンフュロン コトティド(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault Clos du Cromin[2016]CONFURON-COTETIDOT 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ムルソー有能な醸造家兄弟が醸し出す、パワフルなヴァン・ド・ギャルドジャッキー・コンフュロンが父からブドウ畑を譲り受けた時、その面積は2.5haしかなかったという。現在は11haに広がった畑を、ジャッキーのふたりの息子、ジャン・ピエールとイヴが管理。ジャン・ピエールはボーヌのメゾン・シャンソン、イヴはポマールのドメーヌ・ド・クールセルをコンサルタントする、ふたりとも有能な醸造家だ。ところが性格は異なり、兄のジャン・ピエールは真面目一方だが、実質的に実家のワイン造りを取り仕切る弟のイヴはシニカルな冗談が耐えない。醸造するアペラシオンは、今やコート・ド・ニュイに止まらずコート・ド・ボーヌにまで及び、ポマールやムルソーも手がける。特級畑はエシェゾーとクロ・ド・ヴージョに小さな区画をもち、それぞれ樹齢60年と80年の古木である。父ジャッキーの時代からこのドメーヌは遅摘みをモットーとし、可能な限り熟したブドウを収穫。毎年、最後に摘み取りを行う造り手として知られる。収穫したブドウは、除梗せず全房のまま発酵桶へ。低温マセレーションを行い、ブドウの皮からアロマを抽出。続いて自生酵母による自然発酵。キュヴェゾン全体の期間は長い。樽熟成についても独特のポリシーをもち、新樽率は低い一方熟成期間は長く、30ヶ月に達することも珍しくない。こうして造られるワインは、深みのある色調と豊かなアロマをもち、そして味わいも濃縮感溢れるタイプ。まさにヴァン・ド・ギャルドと呼ぶに相応しい、大きな体格のワインである。

12,100円

【ポイント10倍対象品】ムルソー レ テール ブランシュ[2014] ピエール モレ (750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault Les Terres Blanches[2014]Pierre MOREY 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ムルソー2006年が初ヴィンテージ。1級グット・ドールの真下に位置し、テール・ブランシュという名前のとおり、石灰質が強く、土壌が浅い。白い花に柑橘類。ミネラルが強く感じられ、ムルソーとしてはタイトなスタイル。ドメーヌとネゴスのふたつを高水準で両立させる希有な存在ピエール・モレイはムルソーの造り手だが、一族がムルソーにやってきたのはフランス革命まっただ中の1793年のこと。モレイと名のつく他のドメ ーヌ同様、もともとはシャサーニュ・モンラッシェの出身だという。 ピエールの父、オーギュストは1935年にドメーヌ・デ・コント・ラフォンのメタイエ(収穫の一部を受け取る小作人)のひとりとなり、1971年から ピエールがそれを引き継ぐようになった。 ラフォンはムルソーの1級畑や特級モンラッシェなど素晴らしい畑をもっていたが、オーナーはつねに他の仕事をもち、畑作業は小作人に任せていた のだ。ところがドミニク・ラフォンがラフォン家で初めての栽培醸造家になると、折半耕作の契約期間を延長せず、ラフォン家のすべての畑を自ら 耕作することを宣言。 1986年から1991年にかけてピエール・モレイは多くの畑を失ってしまう。 しかしながら、ピエール・モレイの手腕に感銘を受けていた、ピュリニー・モンラッシェの大ドメーヌであるルフレーヴは、引退が決まっているそ れまでの醸造長のジャン・ヴィロに代わって、ピエールを招聘。 こうして彼は、1988年以降、ルフレーヴの醸造長として働く一方、自身の小さなドメーヌを運営し、さらに1992年にはネゴス...

9,900円

【ポイント10倍対象品】ムルソー クロ デュ クロマン[2013] パトリック・ジャヴィリエ (750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault Clos du Cromin[2013]Patrick JAVILLIER 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:ブルゴーニュクロ・デュ・クロマンはヴォルネイ寄りの丘に位置する村名畑。斜面の下部となるため比較的表土は厚く、リッチで芳醇なムルソーを生み出す。グレープフルーツ、蜂蜜、洋梨のフレーバー。柔らかみがあり、粘着性も高め。ジャヴィリエのこの畑には樹齢100年の古木も植わる。ドメーヌ入りした娘が赤ワインを担当 次のステージへ向かうムルソーの造り手ムルソーのパトリック・ジャヴィリエも娘のマリオンがドメーヌ入りし、次のステージへと向かい始めた。 ジャヴィリエ家はムルソーで何代も続く栽培農家の家系だが、ブドウ畑の面積は小さく、パトリックの父、レイモンは農作業の傍らワインの仲買人をせざるを得なかった。 パトリックは1973年にディジョンの大学で醸造学のディプロマを取得し、翌1974年に初めて自分の責任のもと、収穫、醸造を行っている。 ドメーヌは1980年代から1990年代にかけて、ブドウ畑を急速に拡大。 ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、ポマール、そして特級コルトン・シャルルマーニュも手に入れた。 さらに妻の実家の畑を賃貸耕作し、ペルナン・ヴェルジュレスやアロース・コルトンも手がけるに至っている。 現在、賃貸も含めた所有畑の総面積は9ha弱だ。 ここでは「キュヴェ・オリゴセーヌ」「キュヴェ・デ・フォルジェ」と名付けられた2種類のブルゴーニュ・ブランを造っているが、前者はピュリニー寄り、後者はヴォルネイ寄りの区画から生み出されるワイン。テロワールの違いにより、前者はよりミネラルが強く、後者はリッチなスタイルとなる。 村名ムルソーにも2つのキュヴェ「レ...

13,200円

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ レ フォラティエール[2015]ニュダン(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Puligny-Montrachet 1er Cru Les Folatieres[2015]NUDANT 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ピュリニー・モンラッシェニュイからボーヌまで版図を広げる ラドワ・セリニーの老舗ドメーヌドメーヌ・ニュダンはラドワ・セリニーに代々続く造り手。 初代ギヨーム・ニュダンは最後のブルゴーニュ大公シャルル豪胆公の時代に、アロース・コルトンですでにブドウを栽培していたという。 ニュダン家は18世紀の半ばにラドワにブドウ畑を広げ、現在はジャン・ルネとその息子のギョームがコート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌに広がる16haのブドウ畑を耕作。20を超えるアペラシオンのワインを醸造している。 ヴォーヌ・ロマネやニュイ・サン・ジョルジュなど、コート・ド・ニュイのクリマは2005年に入手したものだ。 ブドウ栽培はリュット・レゾネで化学合成肥料は用いず、畑を鋤で耕すことにより除草剤の使用も抑えている。 赤ワイン用のピノ・ノワールは100%除梗。低温マセレーションの後、アルコール発酵を長い時間かけて行い、発酵の初期にピジャージュをすることでブドウから成分を抽出。 樽熟成に使用するオークはヌヴェール、ヴォージュ、アリエなどさまざまな森のものだが、ギヨームのお気に入りはヌヴェールのベルトランシュ産だという。 新樽率はヴィンテージとアペラシオンによって異なるが、毎年3分の1の樽を新品と入れ替えている。 樽熟成期間は12ヶ月。その後さらにステンレスタンクで4?6ヶ月の熟成を続ける。こうすることによって過度に樽香を着けることなく、フレッシュな果実味を若いうちから楽しめるワインに仕上げられるというのが、ギヨームの考えだ。...

14,080円

ムルソー プルミエ クリュ ブラニー[2015]アントワンヌ ジョバール(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault 1er Cru Blagny[2015]Antoine JOBARD 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ムルソームルソーとピュリニー・モンラッシェの村境にある小さな集落がブラニー。標高は高いが小さな谷になっているため夏の気温は高い。フローラルな香りと果実のアロマが同居し、果実のリッチ感と鋼のようなミネラルがまた同居する。フィニッシュはじつにエレガント。ミネラルが一筋背骨のように支え、 緊張感を伴うエレガント系ムルソー比較的ぽっちゃりと若いうちから楽しめるものが多いムルソーにあって、ミネラルがビシッと一筋、背骨のように支えるフランソワ・ジョバールのワイン。 息子アントワーヌの時代に入り、長期熟成という父のポリシーを尊重しつつ果実味を充実させ、瓶詰めからほどなくしても味わいやすいタイプへと進化している。 父から子への移譲は進み、ラベル上のドメーヌ名は2002年にフランソワ・エ・アントワーヌ・ジョバール、そして2007年以降はアントワーヌ・ジョバールへと変わった。 ドメーヌは全部で6haのブドウ畑を所有し、すべての畑にシャルドネが植わる。 以前はブルゴーニュ・ルージュとブラニー1級ラ・ピエス・スー・ル・ボワを造っていたが、前者は2003年、後者は2007年に植え替えた。 ラインナップは村名ムルソーが2クリマ(アン・ラ・バール、ティエ)、ムルソー1級が4クリマ(ブラニー、ポリュゾ、シャルム、ジュヌヴリエール)、それに村名ピュリニー・モンラッシェ・トレザンだ。 認証は得ていないものの、畑は事実上のビオロジックであり、除草剤や殺虫剤など化学合成された物質は一切使用していない。 収穫したブドウは圧搾後、3?4時間のデブルバージュ...

19,360円

ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ラ トリュフィエール[2016]ブリュノ コラン(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Puligny-Montrachet 1er Cru La Truffiere[2016]Bruno COLIN 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ/ピュリニー・モンラッシェかつてトリュフが採られた場所であることから名付けられたトリュフィエール。ピュリ二ー・モンラッシェでも標高の高い位置にあり、極めてミネラル感が強い。フローラルな香りときれいな酸。ピンと張りつめた緊張感を伴う、ピュリ二ー・モンラッシェの真骨頂。より現代的なスタイルにワインを仕上げるミシェル・コラン・ドレジェのもうひとりの後継者ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コランが2003年に引退し、ふたりの息子、フィリップとブリュノはそれぞれ独立。こちらは次男のブリュノ ブリュノが所有するブドウ畑は計8haほどで、兄フィリップと同じく、地元のシャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッシェやサントーバン、サンネイ、マランジュなどコート・ド・ボーヌ南部のアペラシオンに広がる。シャサーニュの1級畑だけでもブランショ・ドゥシュ、ブードリオット、ショーメ、シュヌヴォット、マルトロワ、モルジョ、アン・レミリィ、ヴェルジェと8つも所有し、兄よりも俄然シャサーニュにフォーカスしたドメーヌ。ブリュノのワインはミネラル感の強いフィリップのものよりむしろ果実味重視。より若いうちからとっつきやすく、長く寝かせる余裕のない家庭やレストランで重宝するワインを造っている。

14,080円

ムルソー プルミエ クリュ ポリュゾ[2016]アントワンヌ ジョバール(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault 1er Cru Poruzots[2016]Antoine JOBARD 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ムルソーポリュゾはジュヌヴリエールの北に隣接する1級畑で、ミネラルよりもリッチさに勝る。洋梨、グレープフルーツ、アカシアの蜂蜜。凝縮感があり、ボリュームも大きい。芳醇な果実味に柔らかな酸味。若いうちから楽しめるが、長期熟成も可能。ミネラルが一筋背骨のように支え、 緊張感を伴うエレガント系ムルソー比較的ぽっちゃりと若いうちから楽しめるものが多いムルソーにあって、ミネラルがビシッと一筋、背骨のように支えるフランソワ・ジョバールのワイン。 息子アントワーヌの時代に入り、長期熟成という父のポリシーを尊重しつつ果実味を充実させ、瓶詰めからほどなくしても味わいやすいタイプへと進化している。 父から子への移譲は進み、ラベル上のドメーヌ名は2002年にフランソワ・エ・アントワーヌ・ジョバール、そして2007年以降はアントワーヌ・ジョバールへと変わった。 ドメーヌは全部で6haのブドウ畑を所有し、すべての畑にシャルドネが植わる。 以前はブルゴーニュ・ルージュとブラニー1級ラ・ピエス・スー・ル・ボワを造っていたが、前者は2003年、後者は2007年に植え替えた。 ラインナップは村名ムルソーが2クリマ(アン・ラ・バール、ティエ)、ムルソー1級が4クリマ(ブラニー、ポリュゾ、シャルム、ジュヌヴリエール)、それに村名ピュリニー・モンラッシェ・トレザンだ。 認証は得ていないものの、畑は事実上のビオロジックであり、除草剤や殺虫剤など化学合成された物質は一切使用していない。 収穫したブドウは圧搾後、3?4時間のデブルバージュ...

10,340円

【ポイント10倍対象品】ピュリニー モンラッシェ ブラン[2016]シャトー ド サントネイ (テロワール エ シャトー)(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3...
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Puligny-Montrachet Blanc[2016]Chateau de SANTENAY (Terroir et Chateau) 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/シャサーニュ・モンラッシェ柑橘系の爽やかな果実に加え、ピュリニー独特の繊細なミネラル味。酸度も程よいバランス。ブルゴーニュ公国、初代公王のシャトーが醸す ビオロジック農法のワインブルゴーニュ公国の初代公王、フィリップ・ル・アルディ(豪胆公)が1395年に発した勅令は、その後のブルゴーニュにとってたいへん画期的なものとなった。 公王はブルゴーニュの畑からガメイを引き抜き、より高貴なピノ・ノワールを植えるよう奨励したのである。 当時はディジョンに玉座を置いていたフィリップ豪胆公だが、公王が所有していた城のひとつに、サントネイ村のシャトー・ド・サントネイがある。 人々は愛着を込めてこの城を、シャトー・フィリップ・ル・アルディと呼ぶ。 今日、シャトー・ド・サントネイはクレディ・アグリコール・グループの傘下となり、潤沢な資金の元で発展を続けている。 ブドウ畑は、お膝元のサントネイのほか、ボーヌ、アロース・コルトン、ポマール、サントーバン、オート・コート・ド・ボーヌに広がり、さらにコート・シャロネーズのメルキュレ、そしてグラン・クリュのクロ・ド・ヴージョまで、ドメーヌの総面積は97ヘクタールにも達する。 ドメーヌでは、この広大な畑を除草剤に頼らず耕作するとともに、草生栽培を施して、土壌の微生物層を活性化。カリテ・フランスとテラ・ヴィティスの認証を受けたビオロジック栽培を実践しているのだ。 また、ワイン醸造は伝統的な手法を取りながらも、空気式圧搾機や自動ピジャージュなど...

8,800円

シャサーニュ モンラッシェ ブラン[2015]シャトー ド ピュリニー モンラッシェ(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Chassagne-Montrachet Blanc[2015]Chateau de PULIGNY-MONTRACHET 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:ブルゴーニュ地方/シャサーニュ・モンラッシェル・ペルクロ、レ・ウイエール、シャン・デリエールの3区画から。平地の比較的粘土の強い土地ながら、ピュリニー寄りのクリマなだけに、洗練された白ワインに仕上がる。ピーチ、蜂蜜、白い花。ボディは厚めで果実味豊富なスタイル。ド・モンティーユの手により再起した ピュリニーの瀟洒なシャトーシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは17世紀に建てられた城館であり、ナポレオン帝政期には当時ボーヌ市長であったジャン・バティスト・デスドゥアールが所有し、城館を修復。1950年代からブドウ栽培家であり詩人でもあったロラン・テヴナンによって、シャトーのワインは名声を誇った。 その後、シャブリのドメーヌ・ラロッシュの手に渡り、さらに金融機関の所有となって、2002年にシャトーの支配人として抜擢されたのが、ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユの長男、エティエンヌ・ド・モンティーユである。 エティエンヌはブドウ畑をビオロジック、そしてビオディナミに転換し、ワインの質を劇的に向上。傾きかけていたシャトーの名声復活をみごと成し遂げた。 そして2012年にとうとう、ド・モンティーユ家がオーナーの金融機関からこの由緒正しきシャトーを購入することに成功したのである。 シャトーは22ha、21のアペラシオンを所有するが、このうち特級モンラッシェとバタール・モンラッシェはドメーヌ・ドゥジェニーのフランソワ・ピノーに転売。 それ以外の上位レンジにある、特級シュヴァリエ・モンラッシェ、ムルソー1級ペリエール...

15,400円

【ポイント10倍対象品】ムルソー プルミエ クリュ レ シャルム[2015]グザヴィエ モノ(750ml)白/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します
※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Meursault 1er Cru Les Charmes[2015]Xavier MONNOT 品種: 白/シャルドネ 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ムルソーモダンとクラシックが調和した 1723年創業の老舗ドメーヌグザヴィエ・モノは実質的に、1723年から続くムルソーの老舗ドメーヌ、ルネ・モニエ。ルネ・モニエの孫娘の婿にあたるグザヴィエが10代目を継承した。 5歳で父を亡くしたグザヴィエはブドウ栽培とワイン醸造を学び、2004年にドメーヌ入り。モニエ家が代々受け継いできた17haのブドウ畑を耕作。18の異なるアペラシオンを醸造している。本拠地であるムルソーのほか、ピュリニー・モンラッシェ、ボーヌ、ポマール、ヴォルネイ、モンテリー、サントネイやマランジュまで広がり、白6割、赤4割の比率である。 ブドウ栽培は徹底した耕起と、早めの収量制限がモットー。畝間に雑草が生えないよう頻繁に耕して土壌を柔らかくし、4月には芽かきをして収量を抑える。 白ワインの醸造は、ブルゴーニュでは珍しく全体の90%を除梗。3時間かけて搾汁し、一晩デブルバージュした後で樽発酵、樽熟成。新樽率はヴィラージュで25%、プルミエ・クリュで30%を超えるくらい。熟成中にバトナージュを行う。 赤ワインは完全除梗。12〜16度で4〜5日間の低温マセレーションを行った後発酵。33度を発酵温度の上限とし、18〜21日間のキュヴェゾン。ピジャージュ、ルモンタージュ、デレスタージュを組み合わせた抽出を行う。 ムルソーの村名畑シュヴァリエールがこのドメーヌの金看板。2.5haの面積を所有する大地主で平均して50〜60樽を生産している。区画の中には3つの異なる土壌があり、それぞれ分けて醸造...
  • ビカム ショッピングサーチ